比例代表選挙について

比例代表選挙とは、各政党等の得票数に応じて議席を配分する制度です。衆議院議員選挙の場合、「拘束名簿式」が採用されていて、政党等が届け出た候補者の名簿にあらかじめ当選人となるべき順位がつけられており、その順番に従って政党等に割り振られた人数分だけ当選人が決定します。

衆議院議員選挙の比例代表選挙では、全国を11のブロック(選挙区)に区分し、ブロック単位の政党等の得票数に応じて、その政党等の名簿登録者の当選人員を決定します。

有権者は、政党等の名称又は略称を書いて投票します。

比例代表選挙の全体での選挙すべき議員の数は、176人です。
東京都は、単独ブロックで、選挙すべき議員の数は17人です。

ページの先頭へ戻る