投票用紙記入上の注意

小選挙区選挙では、投票用紙には、投票したい一人の候補者の氏名を、正確に記載しましょう。候補者の氏名のみを記載しましょう。

比例代表選挙では、名簿届出政党等の名称又は略称のみを記載しましょう。

以下のような投票は、無効となりますので注意してください。

なお、最高裁判所裁判官国民審査の投票用紙には、やめさせたいと思う裁判官がいる場合、その裁判官の氏名の上欄に×を書きます。
やめさせたいと思う裁判官がいない場合は、何も書かないでください。

小選挙区選挙の場合

  • 所定の投票用紙を使用していないもの
  • 立候補していない者など、候補者でない者の氏名を書いた投票
  • 2人以上の候補者の氏名を書いた投票
  • 候補者の氏名のほか、他事を記載した投票
    (例:「必勝○○」「当選○○」「がんばれ○○」「○○さんへ」などは無効です)
  • 自書していない投票(代理投票制度は除く)
  • どの候補者の氏名を書いたのか確認できない投票
  • 単なる雑事、記号等を記載した投票
  • 白紙(記載がない投票)

比例代表選挙の場合

  • 所定の投票用紙を使用していないもの
  • 名簿届出政党等以外の政党その他の政治団体の名称又は略称を記載した投票
  • 2つ以上の名簿届出政党等の名称又は略称を記載した投票
  • 名簿届出政党等の名称又は略称のほか、他事を記載した投票
    (例:「必勝○○党」「がんばれ○○党」「○○党支持 鈴木一郎」は無効です)
    (本部の所在地、代表者の氏名又は敬称の類は、ここでの他事には当たりません)
  • 自書していない投票(代理投票制度は除く)
  • どの名簿届出政党等を書いたのか確認できない投票
  • 単なる雑事、記号等を記載した投票
  • 白紙(記載がない投票)
ページの先頭へ戻る